テレビで紹介されたお店

水野真紀の魔法のレストランRで放送 『超ディープ裏路地探検!ぶらり中崎町散歩』

更新日:

 

2016年7月20日 水野真紀の魔法のレストランRで放送された『超ディープ 裏路地探検!ぶらり中崎町散歩

知らなかった店や行きたい店がたくさん紹介されていたので、行ってみたいリストとしてメモしておきます!!

 

最初に、スザンヌさん・柔道家の篠原信一さん・円広志さんが3人で中崎町を街ぶらしながら案内してくれました。円広志さんは、この辺(中崎町)に35年に住んでいるとの事で案内係に。

 

 

ホルモン長岡

ホルモン長岡
大阪府大阪市北区中崎1-5-19 2F
080-5707-8531

営業は朝まで。中崎町で一番遅くまで開いている焼肉店。

南森町の大人気焼肉「万両」で修行したご主人が、2014年にオープン。

丁寧に下処理されたホルモンはファンが多く、連日大賑わい。

 

店一番人気が「和牛ハラミ 648円」。柔らかくて美味しいそうです。

続いて、丁寧に包丁で切れ目を入れた「第1の胃袋 上ミノ(410円)」。もみダレに和歌山の醤油を使った「第2の胃袋 ハチノス(356円)」

 

ご主人が「ハチノスはよそで喰ったら美味しくないんちゃうかな」というホルモン長岡の一押しメニューです。

 

麺屋 頭上注意ふすかけ1.8号店

麺屋 頭上注意ふすかけ1.8号店

大阪府大阪市北区中崎1-6-17
06-6371-3456

円広志さんが「中崎町で一番小さなお店を案内する」と、天五中崎通り商店街の中へ。

 

麺屋 頭上注意ふすかけ1.8号店

 

商店街の中から人気ラーメン屋「ふすまにかけろ」の横にある路地を入った所に黒い壁に大きな黄色い文字で「麺屋 頭上注意」と書かれ、矢印で案内されています。

 

中崎町で一番小さなお店というだけあって、本当に驚くほど狭かったです。

麺屋 頭上注意ふすかけ1.8号店は、ラーメン屋「フスマにかけろ 中崎壱丁」の1.8号店。
座席がカウンター3席とテーブル席2席の合計5席だけのお店なので2号店というのはおこがましいかなとの事で1.8号店だそうです。

ここのラーメンは1種類だけで「汁なし壱丁のまぜそば~白トリュフの香り~中200g(800円)」のみ。

 

中太麺、鶏白湯としょうゆベースの特製ダレ。その上に低温でおよそ4時間煮込んだチャーシュー、ピーナッツ、魚粉、赤タマネギ、青ネギ、フライドオニオンなどの具材がのった一杯。仕上げにトリュフオイル(3プッシュまでOK)をかけて食べるスタイル。あとは、がっつりと混ぜて食べるだけ。トリュフの香りを楽しむため、レモンは途中で絞るといいそうです。

すっごく美味しそうに食べてました~。

 

さらに絶対に注文してしまう激ウマのシメとして、「ライズダイブ(50円)」
残った具材とタレにライスを投入。そのままがっつりといただきます。「これだけ食べたいという方も」というほど美味しいそうです。ジュルリ。

 

リノ ハワイアン ベーカリー

リノ ハワイアン ベーカリー (Lino Hawaiian Bakery)
大阪府大阪市北区中崎1-9-21 平和ビル 1F
050-3634-8811

2015年10月にオープンしたハワイのドーナツマラサダ専門店。

マラサダ(ハウピア)200円
ふわふわ食感で外の生地が温かくて、中が冷たいドーナツ。

このお店は、一度訪問した事があり、中にマンゴークリームが入ったマラサダを頂きました。美味しかった♪

 

ここで、円広志さんはお別れ。中崎町のタウン誌Faceの編集長・渡部里美さんが次の案内人に。

 

中崎町のタウン誌Faceとは、中崎町の情報だけ取材し記事にしているタウン誌。入り組んだ中崎町の地図を作りたいという思いから2012年に創刊されました。

その中崎町を知り尽くした達人・渡部里美さんと中崎町をぶらり。

 

CHINA BISTRO

CHINA BISTRO
大阪府大阪市北区中崎1-5-26
06-6376-6477

中崎町駅から徒歩1分。オーナーシェフのご主人は、炎の料理人である故・周富徳の孫弟子。

10年修行を経て3年前にお店をオープン。ご主人のお父さんが和歌山で釣り船業を営んでいるから新鮮な魚介類を使った本格中華料理がいただけます。

 

渡部編集長のおすすめが、「四川麻婆豆腐(850円)」中崎町で作られている豆腐を使って、中華甘味噌、甜麺醤を多めに使った甘みのある麻婆豆腐。白ごはんが合うとのことでみんな「白ごはん(250円)」を注文し、麻婆豆腐をのっけて食べてました。

次におすすめスイーツとして「とろとろ杏仁豆腐(450円)」渡部編集長が「日本で一番美味しい杏仁豆腐」と言いきる一品。

 

入道

入道

次は、路地の先に別世界

 

中崎町ナンバー1の大人の隠れ家として紹介されたお店。カフェや雑貨店が立ち並ぶ路地の奥へ。わかりにくそうな場所にあります。こんな所にこんなお店が!!というほど高級感あふれるお店。中に入るとまたまたびっくり!天井が高くで吹き抜けが気持ちのいい店内です。

もともとダンボール置き場だった倉庫を1年以上かけてリノベーションしたそうです。ご主人は元イラストレーターで店内に飾られた絵画は全てご主人の作品。

 

生うにたまご(1080円
冷やした茶碗蒸しの中に生うにが入っているちょっと不思議な料理。

鱧ちり入道スタイル(1296円)
夏の風物詩はもを煎り酒(日本酒に梅干しなどを入れて煮詰めたもの)

 

上品で美味しそうな料理ばかりでした。お高めなので特別な日に行きたいと思います。

 

次は、メンバーが総入れ替え。V6の長野博さん、一路真輝さん、ミサイルマン西代さん。

 

カフェ・ド・コレット

カフェ・ド・コレット
大阪府大阪市北区中崎3-1-12

2015年5月にオープン。

フランス好きの店主さんが手作りするケーキやフレンチトーストがいただける町家のカフェ。

「赤い実のチーズケーキ(500円)」とお店一番の人気メニュー「生チョコ風ガトーショコラ(500円)」が紹介されていました。

次は、カフェ・ド・コレットの店主さんがおすすめのお店として紹介されたお店です。

 

アマント

アマント (Salon de AManTO ・ 天人)
大阪府大阪市北区中崎西1-7-26
06-6371-5840

緑に覆われているお店。

あまりにも緑が凄すぎて長野くんが「俺、公園かと思った」というほど。

 

築135年の古民家をリノベーションして15年前にオープンしたお店。実はこの店が中崎町に数多くある古民家をカフェや雑貨店に再利用するスタイルの先駆けとなったお店。そのブームを作ったのがお店のご主人。

バナナとチーズをトーストにのせた「バナチー(400円)」、ニンニクの効いたどんぶり「いわしめし(600円)」などオリジナルメニューが15種類ほどあるそうです。

 

中でも一番人気メニューが赤ワインで炊いた牛肉ミンチのキーマカレー。

ルーには隠し味にピーナツクリームが入っている「天人カレー(600円)」

 

ここからは、中崎町の達人のご主人が加わり、おすすめのお店を紹介してくれます。

 

Cafe&Bar Marble

Cafe&Bar Marble
大阪府大阪市北区中崎西3丁目3-43-4 3F
06-6359-0881

中崎町の達人のご主人が週に1回通う隠れ家らしく、路地奥にある雑居ビルの3階にお店があります。

中はとても広いお店。JR京都線の高架沿いにあるのでちょうど目線の高さで窓越しに電車が通るのが楽しめます。電車を見に来るお客さんも多いそうです。

 

ランチ限定「自家製ローストビーフ丼(918円)」※1日限定10食。

中崎町の達人のご主人一押しメニューでマーブル看板メニューの「アジアンぶっかけごはん(810円)」※午後2時30分~のメニュー。
コチュジャンベースの自家製ダレで甘辛く炊いた鶏そぼろを熱々のごはんにかけ、トロトロ半熟たまごをわって頂く一品。タレがごはんにいい具合にしみてて美味しそう。

 

タイ料理 busaba(ブッサバ)

タイ料理 busaba(ブッサバ)
大阪府大阪市北区中崎西4-1-8 中崎町WESTビル 1F
06-6375-7757

中崎町で一番新しいお店として紹介されたbusaba(ブッサバ)※2016年7月時点
福島で大人気のタイ料理店「スイートバジル」が中崎町に2号店を5月にオープン。
おすすめが、本場タイのシェフが作る青とうがらし、パプリカ、豚ミンチをナンプラ、かきソースなど数種類の調味料を加えて炒める「ガパオライス(日替わり)980円」※平日はサラダ・スープ・ドリンク付き。

スパイスが効いてて辛いそうです。お店の方も「タイと同じくらい辛い」と言ってました。

米粉で作った麺にエビ、もやし、ニラなどをタイではポピュラーな酸味の効いたタマリンドソースで炒めた焼きそば「タイ風焼きビーフン(980円)」※平日はサラダ・スープ・ドリンク付き。これも本格的な味がするそうです。

 

中崎町で味わえる本場タイ料理店。

次は、中崎町の達人のご主人が本当は教えたくないお店として紹介してくれたお店

 

ラ・ランテルナ ディ ジェノバ

ラ ランテルナ ディ ジェノバ

ジェノバ人の女性が経営しているお店。ご主人はイタリアジェノバ出身で、日本の歴史や文化に興味を持ち7年前に来日。古き良き日本の現風景が残る中崎町が気に入り、4年前に古民家を改装してジェノバ料理専門店をオープン。

看板メニューは、ジェノバ定番パスタ「ジェノベーゼ(1728円)」
ソースは本場同様バジリコ、松の実、岩塩、パルメザンチーズ、ペコリーノチーズ、ニンニクなどをすりつぶしたジェノベーゼペースト。麺は濃厚なソースと相性がいい弾力のあるリングイネ。ジェノベーゼペーストと絡ませれば完成。本場のジェノベーゼには、必ずじゃがいもといんげん豆が入っているそうです。

パスタのお店はたくさんあるけれど、ジェノバ料理が食べられるお店ってなかなかありませんよね。行きたい!!

「タコとムール貝、ひよこ豆のトマトソース”イカすみを練り込んだコルツェッティ(1674円)」
魚介類がたっぷりはいったトマトソースのパスタ。こちらも本場ならではの特徴的なパスタで、なんと円形パスタ。この円形パスタは、コルツェッティと言われるものでジェノバではポピュラーなパスタ。イカスミを練り込んだ自家製の生地をジェノバから持ってきた木型でくり抜いたもの。

もちもちしてすごく美味しいらしい!!食べたい!

 

「うさぎの白ワイン煮込みソースマッシュルーム風味 サマートリュフ添え”赤ワインのマンディック(1728円)」
めちゃくちゃ贅沢にたっぷりとトリュフが乗っています。太くて長い麺がまたまた個性的。赤ワインを練り込んだマンディックでジェノバの特徴的なパスタ。パスタの存在感が凄く、こちらももっちりしているそうです。

路地裏に本物のジェノバ料理が楽しめる素敵なお店。入ってこないとわからない場所。

 

美味しそうで行きたいお店がいっぱいありました。辛いお店は行けないけど、制覇していくぞ!!

 

関連記事&広告

-テレビで紹介されたお店
-,

Copyright© 天満グルメ食べ歩きレポ , 2018 All Rights Reserved.